銀行カードローンでお金を借りる為の比較サイト

最終更新日:2020年09月28日

誤解をされやすい銀行カードローンの特徴

紙を持つ女性

比較的短期間でさほど大きくない金額を借りたいと思った時に、代表的な借入先は消費者金融か銀行のカードローンが該当すると思いますが、世間的に消費者金融と銀行では銀行のカードローンの方が借り入れまでの日数もかかるし、審査内容も厳しいという見方をしている人が少なからずいるようです。

確かに、ネットや各種メディアなどからはいる情報を基本として考えると、消費者金融の方が即日の借入れや審査が比較的易しいというような感覚になりがちですが、実際に両者を比べてみると、必ずしも一概には銀行のカードローンが審査日数がかかり、審査が厳しいとは言えない部分もあります。

確かに住宅ローンや教育ローンなどの融資に関しては、必要となる書類も多いですし、金額的にも大きくなる事が予想される事から銀行側も審査に慎重になりますし、申込者の収入や属性によっては必ずしも融資ができるとは限りません。

しかしながらこのような高額のローンに関しては、即日融資という事は難しいかもしれませんが、カードローンであれば銀行によっては対応をしている金融機関もあります。消費者金融の審査基準にはどうしても、年収の1/3以上の融資ができないという総量規制という規則があるので、収入のない専業主婦は原則的に申し込む事ができません。

一方の銀行は総量規制対象外の融資商品になっているので、配偶者に安定をした収入があれば基本的に専業主婦の方でも申込みができるという利点があります。しかも配偶者の在籍確認や収入の証明を提出する事もなく融資が受けられる事も可能になっているのが、銀行のカードローンの特徴でもあり比較的使いやすいといえる理由になります。

もちろん専業主婦という本人には収入のない立場ですから、銀行側も借入限度額を低めに設定する事で対応してはいますが、それでも比較的審査期間も短くお金を借りる事ができるという意味では、収入の少ない人や専業主婦にとっては嬉しい商品になります。銀行のカードローンの良さは、手軽さという言葉もあるといえます。

借入れは個々の限度額によって異なりますが、返済に関しては原則的に毎月決まった日に、一定の額を返済するシステムになっている金融機関が多くなっているので、計画的に利用をすればとても使い勝手の良いカードになりますし、まとまった収入があった時には毎月の返済とは別に、お金を返す事が可能になっているので、早めの返済を考えている人にも利用がしやすくなっています。

一般的に銀行のカードローンというのは、審査が長くて厳しいという見方をされている方もいるようですが、実際には消費者金融と比べて審査が簡単とは言いませんが、決して極端に審査が厳しいというような事はありません。

もちろん日頃から、携帯電話の料金の支払いが遅れているような人や他社でのローンの返済が滞っているような場合には、銀行のカードローンの審査ではかなり不利になると思われますが、これは銀行のカードローンの審査には収入がさほど多くなくても、しっかりと返済ができる信頼性があれば融資を受けられる可能性も充分にあるという見方にもつながります。

最終的には個々の好みによってどこで借入れをするかは判断する事になるとは思いますが、銀行のカードローンも利用の仕方によってはとても便利な1枚になるといえます。

銀行カードローン比較サイト|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カードローン比較

銀行カードローン一覧