銀行カードローンでお金を借りる為の比較サイト

最終更新日:2020年09月28日

融資金額と手数料にメリットがある銀行カードローン

電卓とぺん

銀行カードローンには、2つメリットがあります。借りる手数料と、借りれる金額です。まず後者ですが、銀行カードローンには総量規制に関する特徴があります。借りる金額は、かなり高めに設定されている訳です。

そもそも融資商品には、借りられる金額に上限があります。基本的には年間所得に対する3割という数字に限定される訳です。例えば現在の所得が、300万円だとします。そういった時には、基本的には120万などで借りるのは難しいです。なぜなら300万となると、たいていは90万前後に限定されるからです。

どこから90万という数字が出てきたかというと、上記でも触れた3割です。基本的に借りられる金額は、年間所得の3割前後に制限される事になります。それで300万に対する3割ですと、もちろん90万という数字になる訳です。決して無制限で借りられる訳ではありません。しかし人によっては、90万では困ってしまう事もあります。

何らかの特別な事情があって、もう少し多めに借りたいと思う事もあるからです。それで銀行カードローンでは、やや多めに借りられる事もある訳です。なぜなら3割というルールが適用されるのは、基本的には賃金業者だからです。

銀行の場合は、適用外になってきます。ですから少し多めに借りたい方々などは、銀行カードローンを検討してみるのも一法です。それと手数料ですが、やはり賃金業者と比べれば低めに抑えられるケースが目立ちます。

最近では賃金業者としても、無利息商品などをアピールしている事もあるのです。所定期間内に全て返す事ができれば、手数料がゼロ円になりますから、興味を持っている方々も多いです。ですが、あれは小さい金額で借りる時にはお得になる商品なのです。大きな金額で借りたい時には、話がちょっと異なってきます。

そもそも賃金業者では、大きな金額で借りるのが難しいケースも多いです。それよりは、むしろ銀行の方が手数料を抑えられる傾向があります。現に、それは基本手数料を見ても明らかです。

賃金業者では年間18前後になっているケースが目立ちますが、銀行の場合はもう少し低めな数字になります。実に年間で数%ほどの差があるので、かなり手数料を節約できる傾向があります。

現に銀行カードローンは、借り換え目的で利用されている事も多いのです。賃金業者では少し手数料が高いので、銀行にチェンジする方々もよく見かけます。コストが低く抑えられるという意味でも、銀行カードローンはメリットが大きいでしょう。

銀行カードローン比較サイト|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カードローン比較

銀行カードローン一覧