銀行カードローンでお金を借りる為の比較サイト

最終更新日:2020年09月28日

消費者金融と比べて銀行カードローンの3つの大きなメリット

ひらめいた男性

お金を借りる場合に、どの金融機関を利用するかは大きな問題です。その場合に、大抵の人が検討するのが銀行で借りるか消費者金融で借りるか、ということになるでしょう。

銀行も消費者金融も、それぞれのメリットデメリットがありますが、それぞれの金融機関で審査に通って融資が受けられるかどうかはを別にすれば、まずは銀行のカードローンの利用を優先的に検討すべきです。
なぜなら、消費者金融と比べて銀行のカードローンは3つの大きなメリットがあるからです。

一つ目のメリットは、銀行カードローンは消費者金融のキャッシングやカードローンと比べると、金利が低く設定されていることです。よくインターネットサイトで、銀行や消費者金融の金利条件の比較しているところがあります。

しかし同じ金額を借りる場合を考えてみれば、銀行カードローンは消費者金融のキャッシングやカードローンよりも、3%から5%程度の低い金利条件であることが多いのです。僅かな金利差であっても、借りる金額が多くなったり返済期間が長くなるような借入ですと、総返済額に大きな違いが出て来ます。

金利はほんの少しでも安い条件で借りる事が自分のためにもなるのです。消費者金融よりも安い金利条件の銀行カードローンですが、銀行によっても多少の違いがありますから、銀行カードローン同士でも金利比較をしっかりしておく事が必要です。

二つ目のメリットは、銀行カードローンは総量規制の対象とならないことです。消費者金融のキャッシングやカードローンは、2010年に施行された改正貸金業法によって、年収の三分の一以上の融資ができないという総量規制がありますので、一部の例外を除くとある限度以上の限度額は借りれません。

銀行法の適用を受ける銀行は総量規制の対象外ですから、年収の三分の一以上の利用限度額を設定できます。ただし総量規制の対象外ではありますが銀行の融資基準があるので、年収と比べてそれほど大きな利用限度額が認められる事は少ないです。

三つ目のメリットは、銀行カードローンは消費者金融のキャッシグやカードローンに比べて、利用限度額が大きな金額となっています。通常は金額が大きくなればなるほど、金利が適用される金利は下がってきますから、限度額が高くなれば金利がますます有利になり、限度額が大きく設定されていれば、少ない借入でも低い金利で借りることができるのです。

銀行カードローンの審査は、消費者金融のキャッシングやカードローンの審査よりも、厳しい場合が多いですが、検討するのは銀行カードローンを優先させましょう。

銀行カードローン比較サイト|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カードローン比較

銀行カードローン一覧