銀行カードローンでお金を借りる為の比較サイト

最終更新日:2020年12月06日

急にお金が必要な時は銀行カードローンがお勧めです

ドヤ顔する男性

急にお金が必要になった時、あるいは生活費が足りない時などにお勧めなのが銀行カードローンです。

気軽に借り入れができて、もちろん保証人も担保も櫃異様ありません。上限額は50万円が目安で、分割で返済するので無理なく返していくことができます。一般に銀行は、消費者金融よりも金利が低いため返済しやすいといわれていますし、また消費者金融のような総量規制がないので、限度額を気にすることもありません。

この総量規制とは、年収の3分の1に当たる金額を、限度額と定めたもので、消費者金融独自のシステムです。

もちろんお金を借りるわけですから、審査が行われそれに通らないと借りることはできません。審査は主にその人にいくら収入があるのか、そしてその人の信用情報にブラックがないか、この2点を見られます。収入がない場合は、返済の裏付けがないため借り入れができませんし、もしブラックがあった場合は、やはり審査に通るのが難しくなります。ブラックがあるということは、3回続けて延滞したか、あるいは債務整理をしたかのどちらかになります。

つまり、期日までに返済ができなかったということを意味しますので、銀行としてもそのような人にお金を貸すべきかどうか、慎重にならざるをえないのです。特に銀行の場合は、審査基準は消費者金融よりも厳しいといわれています。

正社員として仕事をしているとか、あるいは公務員のように正規雇用で安定した収入がないと、借り入れができないこともありますし、場合によっては勤務年数や本人名義の不動産があるかどうかなども、審査基準となることがあります。

しかしだからといって、パートタイムやアルバイトのようないわゆる非正規雇用の人たちや、賃貸の住宅に住んでいる人たちが銀行を利用できないかというとそのようなことはありません。パートタイムの人でも銀行でお金を借りられたということもありますので、あくまでもその人の収入や信用情報が大きくものをいいます。特に信用情報は大事で、クレジットカードの返済をきちんとしているような人の場合は、信用が高いため雇用形態に関係なく銀行を利用できることもあります。

また、消費者金融のような総量規制がないため、専業主婦が配偶者名義でお金を借りる場合、配偶者に内緒で借りることができます。消費者金融の場合は、借り入れる人すべてに限度額があるので、配偶者名義で借りる時は事前に相談が必要ですが、銀行は総量規制が存在しないわけですから、事前に相談する必要もないのです。

銀行カードローン比較サイト|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カードローン比較

銀行カードローン一覧