銀行カードローンでお金を借りる為の比較サイト

最終更新日:2020年09月28日

必要な時に備えておくと便利な銀行のカードローン

財布の中が空っぽ

住宅や車などの大きな買い物の時には、事前から準備をして専用のローンを金融機関などで申し込むと思いますが、それほど大きな金額ではないが、急な出費の時に手持ちも少ない時はあると思います。
特に給料日の前や冠婚葬祭などが続いてしまった時などはまさに厳しい状態になることもあります。

こんな時には、必要になってから慌てて消費者金融や銀行のカードローンに借り入れの申し込みをするよりも、事前に備えて銀行のカードローンを用意しておくというのも良い方法だといえます。

ご存知の方も多いとは思いますが、賃金法で総量規制という法律があるので、消費者金融や信販会社の場合には年収の1/3までの金額しか貸す事ができないとなっています。一方で銀行の場合には、銀行法に基づいて運営をしているので、総量規制対象外ということになるので、借入れの限度額に関しては、審査の段階で個々の銀行によって差があります。

会社員などの安定した収入のある人で、特に他社の借入れなどもないのであれば、消費者金融でも銀行でも、申し込む事は可能ですし、審査もさほど厳しい結果にはならないとは思いますが、専業主婦の場合には自身に収入がないので、必然的に消費者金融には申し込むこともできません。一方の銀行のカードローンは銀行によっても違いますが、専業主婦でも申込みができるようになっているだけでなく、はじめから専業主婦向けの商品やカードローンの限度額を設定している所が多くあります。

もちろん配偶者に安定した収入がある事が、条件ですし自身に安定した収入がないので限度額は低めに設定されるのですが、それでも借り入れができるようになれば、緊急時にはとても頼りになる事になるでしょう。

会社員や安定した収入がある人の場合には、限度額がもう少し多くなる可能性もあるので、金利の面でも有利になる事も考えられますが、日頃からの対策をして持っていると便利な銀行のカードローンという考え方なので、限度額が多い事に越した事はありませんが、あまり無理な申込みをして審査で不利にならないようにする事がポイントです。

実際に銀行のカードローンをつくる時にはどこの銀行のカードローンが良いかという事に関しては、インターネットなどでは色々な意見があるようですが、結果的には自分の好みの問題にもなりますし、現在のメインバンクでカードローンを受け付けているのであれば、メインバンクで申し込むことが一番楽な方法になるのかもしれません。その他の選択方法としては、便利なコンビニのATMが手数料無料であったり、月々の返済額の違いで選択する事も良い方法だといえるでしょう。

どちらにしても、急な出費に備えて、銀行のカードローンを持っておくことは、安心な事には変わりがありませんし、休日などの時でも借入れや返済が出来るのが強みです。必要な時にあわてて申込みをしなくても事前に申し込んでいれば、カードローンの審査や実際に借り入れができる日まで慌てないで待っていられるのも精神的にも安心です。

銀行カードローン比較サイト|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カードローン比較

銀行カードローン一覧