銀行カードローンでお金を借りる為の比較サイト

最終更新日:2020年09月28日

UFJバンクイックで50万円を借りた話

ポイントの手をする女性

私は、2枚のカードを利用して150万円ほどの借入額ができてしまいました。

そのうち、カードのキャシングが70万円ほどになってしまっていたのですが、実質年利が18%とかなり高くて毎月の返済額の中でも利子分がかなりの額になっていたので、もうすこし金利の安いところでまとめてしまおうと思いました。

最初はあまり考えもなく、というか通常のクレジットカードよりはマシだろうと思い消費者金融のアコムでお金を借りてみることにしたのですが、いざ借りてみると結局実質年利が18%でした。

これでは、あまり意味が無いと別の所を検討していたのですが、携帯キャリアのau系のじぶん銀行が年利17%で貸してくれるということでそこも申し込んだのですが、ネットでいろいろ調べていたら、自分がメインバンクとして利用しているUFJのUFJバンクイックというのが、実質年利14%ということで、そこに申し込んでみることにしました。

申し込みは、銀行に併設されているテレビ電話窓口で最短45分でカード発行まで出来ると書いてあったのですが、それは平日の場合に会社に在籍確認ができる場合だけで、私は週末に手続きを済ませてしまいたかったので、ネットで申し込んでみることにしました。申し込みは非常に簡単で必要事項をブラウザに入力するだけで、ものの15分ほどですべて終わりました。

ネット申し込みしたのが日曜日でしたが、翌日の月曜日の15時ころに携帯電話に電話がかかってきて、簡単な確認事項に口頭で返答しただけで、借り入れができることになりました。

カードは、UFJの窓口にあるテレビ電話窓口で可能ということでしたが、夜はたしか20時位までで平日は無理そうでしたので、次の土曜日に地元のUFJ銀行のテレビ電話窓口で受け取りました。

書留で送ってもらって受け取ることも可能だったようですが、不在のことが多いのでわたしは、テレビ電話窓口ですきなタイミングで受け取ることを選び、時間も全くかからず簡単でした。

そして、カードを受け取るとすぐにUFJのキャッシュディスペンサーで50万を借り入れて、自分の口座に入金してクレジットカードのキャッシング分の返済に充てました。まあ、このようにまとめても数千円の差ですが、年間では結構な金額になりますので、銀行系の金利の低いところで借り換えができてたいへん助かりました。

もう少し立ったら借入額の枠をもう少し増やして、すべての借金をUFJバンクイックにまとめてしまおうと思っています。

銀行カードローン比較サイト|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カードローン比較

銀行カードローン一覧