銀行カードローンでお金を借りる為の比較サイト

最終更新日:2020年12月06日
銀行カードローンについて

人差し指をたてる女性

いわゆる銀行カードローンは、サラ金や信販系のカードローンよりもよりも金利が安いので利用者が増加しています。

銀行カードローンと言っていますが、実態的には別会社による銀行系カードローン、もしくは大手の消費者金融を保証会社とする本来の貸出業務とは区別したカードローンに分けられます。

これは過去に銀行に対する金融庁の指導から銀行のカードローンが当座貸越という性格から一旦貸越枠を設定してしまうと自由に使え、銀行の預金者から集めたお金が場合によっては、使途不明な資金にも使われかねずデフォルト・回収不能となる可能性もあるので、切り離すなど是正措置を求められたことに起因します。

よって関連会社や大手クレジット会社を保証会社としていた形態から、今日の間接もしくは切り離して管理する携帯に変わったのです。反面、カードローンとしての商品の特徴も大幅に変更になりました。具体的には下記の点です。

1.金利-銀行により様々ですが、例として2%~14.95%。主に借入期間・金額・属性等により銀行の基準で決められていますが、消費者金融やサラ金よりかなり低い金利設定と言えます。場合によっては教育ローンやマイカーローン等の金利と遜色のない場合もあります。借入期間が長いと金利も安くなる傾向があります。

2.借入対象者-無職や主婦が金額制限や一定の条件はあるにしても借り入れが可能となりました。銀行窓口のローンでは取扱ができないので大きな変更点といえます。

3.審査時間-銀行の無担保ローンですと通常どんなに早くても最低1週間はかかりますが、カードローンは午前中に申し込みすると午後には指定口座に振込することも可能になっています。借入金額によっては書類提出を要し時間のかかるものもありますが、それでもせいぜい2日程度です。

4.金額-借入限度額は昔はせいぜい30万円~50万円(特定の先に対しては100万円~500万円)でしたが、現在のカードローンは銀行によっては800万円というところもあります。

5.取引条件-銀行カードローンは過去は給与振込等家計取引を条件にしている銀行が数多く見受けられましたが、昨今のカードローンは返済口座すら当該銀行になくても申し込み可能な銀行もあります。カードローンの需要は以外に多く、貸出の伸び悩みを抱える銀行にとっては収益源として注目されており大々的なCMや広告宣伝やキャンペーンなど競争も激しくなっており、借り入れる側も選択肢が増えつつあります。

最後にカードローンの留意点としては、金利は低めとは言え目的型ローンよりは高いので、マイカーや教育など資金使途が明確な場合は出来うるなら専用のローンで借りるべきです。また、カードローンに向く借入方法としては借入期間が短い、借入額が小さいなどに向いています。賢く借りて役立てましょう。

安定感と安心感そして低金利の銀行カードローンのよさ

ポイントの手をする男性

お金に困ってしまったときにお金を貸してくれるところはどこでしょうか。どこに助けを求めるでしょうか。
それは親、兄弟、親戚や友達、そして消費者金融または銀行があるのではないかと思います。

金額やどのくらいのエマージェンシーなのか、その程度によってどこに助けを求めるのかは変わってくるかもしれません。

では人とのつながりではない、ビジネス要素のある消費者金融からお金を借りるのと銀行からお金を借りるのとでは違いはあるのでしょうか。

結局のところ大手の消費者金融は大手銀行の傘下になっているのでグループとして同じであり、違いはほとんどないように感じる事さえあるかもしれません。少しの金額ではそれほどではないかもしれませんが、確かにいろいろな面で違いがあります。

一般的には消費者金融というとキャッシングという言い方をして、銀行というとカードローンという感じになります。

消費者金融の場合には借り入れができる限度額は銀行と比べると少し低いものとなっているという特徴がありますし、金利にも違いがあります。銀行でお金を借りればより低金利での大金の融資を受けることができるのです。

そして銀行を利用するということは、しっかりした審査を受けるということでもあり、もちろん消費者金融でも審査はしますが、銀行の場合はより細かく慎重に審査をすることがあります。

その結果として融資を受けることができ、カードローンを利用できるということになれば銀行からお金を借りることができるという安定感と安心感があります。

銀行からしっかりと借りることができたということはそれなりの評価をしてもらったということであり、きちんと認められる生活をしていることの証でもあるのです。そんな気持ちを抱くことができるのはやはり銀行のカードローンなのです。

そして銀行はおまとめローンというものをしています。複数の業者からの借金をしてしまい、返済先が3つも4つもあるような状況だと金利分だけでもそれなりの費用になってしまうでしょう。返済遅れにもなりかねません。

そうするとますます追い詰められてしまうので、銀行が提案しているおまとめローン、1つの業者から大金を融資してもらって、これまでの借金をすべて一括で返済してしまうという方法です。

これで返済先は1つで、しかも銀行ですから低金利になり返済はかなり楽になり、銀行カードローンはいろいろな面で助けになる働きをしてくれています。

カードローンというものは、用途が自由なのです

パソコンとノートとクレジットカード

ローンといえば、住宅ローンとかマイカーローンそして教育ローンなど、様々なものがありこういったローンは、使用目的が住宅取得や自動車の取得などに限られてきます。

しかしカードローンというものは使用目的が限定されておらず、そんなことから利用しやすいローンだといえるでしょう。またカードローンというものは、意外に融資可能な金額が多く、融資限度金額が500万円とか700万円とかいったこともあります。

こうなると、住宅ローンや自動車ローンとあまり変わらないと思われ、まとまったお金を借りて、何か始めたいとかいった時には、便利なものとなるでしょう。そして、使用目的が限定されないので、自分の夢をかなえる手段ともなります。

そして長い人生においては病気や失業などによって、予想外にまとまったお金が必要になることもあります。病気に備えて医療保険などに加入している人もいるでしょう。

しかしそれによって医療費を賄うことができても、病気で休んでいたことによる収入の減少を補うことはできません。このような場合、まとまった貯金があればいいのですが、そうでないことも多いようです。

そしてこのような場合にも、カードローンは心強いものとなることが多く、急な冠婚葬祭などにもカードローンが役立つこともあります。特に身内の葬儀などでは、まとまったお金が必要になることがあります。

たとえば、親が亡くなったりしたら、葬儀のお金もかなり必要になりますが、葬儀に備えてお金を貯めているような人も少ないです。そんな場合にも、カードローンというものは役立ちます。

そして、給料日前に少しお金が足りないという事態もよくあることですが、カードローンは少額の融資なら、即日で手続きが完了することができます。また少額ならば審査が不要なことも多く、銀行のATMの操作で申し込みが完結してしまうこともあります。

そんなことから今すぐにお金が必要だという時にも、カードローンは便利なものとなるのです。

以前はお金を借りるとなると、手続きも含めていろいろと煩雑なことがありました。

しかしカードローンというものは、簡単に手続きが完了して用途も限られていません。快適な生活や将来のためにうまく活用するといいでしょう。特に家族に知られることなく契約できるという点は、とても便利なことだといえるでしょう。

銀行カードローンに関することについて①

案内をする女性

カードローンの中には銀行カードローン、信販系カードローン、・消費者金融系カードローンがあります。その中でも特に人気が高いのが銀行系のカードローンです。ここでは、銀行カードローンの良い所として次の2点に絞って述べていきたいと思います。

1.銀行カードローンの金利についてー

銀行カードローンの金利を見てみますと、だいたい3%~18%で借リ入れる金額に応じて提供しているところが多いですね。銀行カードローンは、他のローンと比べて低金利であることが大きな魅力となっています。

利用額によって大きく金利は異なってきますので、実際に申し込んでみて限度額と金利を教えてもらうまでは、詳しい金利を知ることができません。大体の目安は銀行によってしっかりと掲載されていますので、そちらをしっかりと確認することです。
またアルバイトの方でも、派遣社員の方でも、安定した収入があれば大体の銀行でカードローンを受けることができます。

間違えやすいのが最低金利が一番安いからと簡単にすぐ申し込んでしまうと、実は一番高い金利になってしまったという事です。

各銀行カードローンのホームページに金利の詳細載っていないところが多いため、実際に申し込みをしてみないと自分がどれぐらいの金利になるかさえも分からない状態です。中には目安となる金利の決まり方をきちんと記載してある銀行カードローンもありますので、そのような会社を利用すると、金利のトラブルがなくて済みますので、おすすめです。

2.銀行カードローンの限度額についてー

銀行カードローンを利用するときに、自分が一体いくら借りられるのかは分からないですね。
また総量規制が実施されてからは、年収の三分の一以上は借りられなくなりましたね。始めてカードローンを利用するときも、利用する人の年収の三分の一までしか融資してもらえないです。金融会社にとっては、初めての顧客にお金を貸すわけですから、その人がきちんと返してくれるかどうかを判断する必要があるのです。

例えば、審査にクリアしたとして、最初の融資額は50万円程度が多いと思います。その後の返済がきちんと実行されていけば、信頼度は高くなり、今後、年収に見合った融資額を借りることができるということになっていきます。

銀行カードローンは、総量規制の対象外となっていますので、他と比べて融資限度額が高く設定されており、500万~1000万円のところもあります。もちろんその分、審査が厳しくなっています。

公務員や大企業に勤めている方とフリーターなどでは、もちろん融資の限度額が変わってきます。自分の信用評価も、限度額に影響してきますので注意が肝心です。また、カードローンの限度額と関係しているのが、カードローンの金利です。融資限度額が高ければ高いほど金利は低くなっていますが、借りた金額が高額であるということは、最終的には支払う利息も多くなるので、金利が低いからといって油断していると危険です。

銀行カードローンに関することについて②

紙を指差す女性

銀行カードローンを利用したいと思っている人にとって、知りたい情報について述べててみたいと思います。

・初めて利用する銀行カードローンについてー

銀行カードローンを利用したいと思ったらはじめに「手続き」が必要になります。
カードローンはいろんな種類がありますので、まずはどこで借りるかを検討し、申し込み用紙を準備しましょう。申し込み用紙の他に必要な書類は、借りる先によって異なっておりますので、事前にきちんと確認しておくことです。

基本的には、本人確認が取れる(運転免許証や健康保険証・パスポートなど)になります。また、借入する金額に応じて給与を証明するものとして、源泉徴収票や給与明細を求められる場合もあります。大抵の銀行カードローンでは、利用限度額が100万円以下の場合、収入証明書の提出は原則不要となっています。

それでは、必要な書類が揃ったら、次は申し込みです。普通は銀行に直接出向いて提出するのですが、その他にもATMで手続きをすることができたり、パソコンからも申し込むことができたりと忙しい方にとってはとっても便利になっています。パソコンならば24時間好きな時に手続きすることができるので、おすすめですね。

銀行カードローンには、個人向けと法人向けの2種類があります。個人向けのカードローンは、担保が不要な無担保型のものが多く、保証人や保証料が不要となっています。金利も低く、融資限度額が高いことでとても人気のある銀行カードローン、よりよい条件や自分に見合った条件のところを探し、賢く利用したいものです。

・銀行カードローンの即日融資についてー

即日審査・即日融資が可能な会社なら、急な出費時にも頼れて安心ですね。銀行のカードローンは、その銀行の口座への振り込みでの借り入れになるケースがほとんどですので、即日を希望するのであれば口座がある銀行を選ぶ必要があります。また、口座を持っていない場合は、同時に作成することもできます。

別のカードを作ってそれでキャッシングをする場合もあるということです。以前まで、銀行カードローンですが、申し込みから発行までに時間がかかるイメージがあり、即日のキャッシングには向いていないような気がしましたが、最近では、即日審査・即日振込を実施しているスピード重視の審査スピードが速い銀行カードローンが増えてきています。

ネットキャッシングのように、24時間対応で「いつでもどこでも」というわけにはいかなくて、利用できる時間も限られているのですが、即日の融資が受けられる銀行カードローンもあります。消費者金融の方が即日融資に関しては勝っているのですが、銀行カードローンも、即日融資に向けて以前に比べればかなりスピードが上がってきました。

カード1枚あればお金を即日に手にすることができるカードローンは、大変便利ですが、現金が目に見えないだけあってお金の管理がしずらいものです。利用に関しては計画的にして、借りたお金であることを忘れずに利用することが大切です。

キャッシングするときに活用できるサイト
キャッシングおすすめ

銀行カードローン関連記事一覧
私は40代の男性で現在は派遣社員ですが、以前は大手の工場に勤めていました。 私が銀行の口座を初めて作ったのは18歳の就職をした時になりますが、その時に作った通帳は現在も使用をしてい ・・・[続きを読む]
私は、2枚のカードを利用して150万円ほどの借入額ができてしまいました。 そのうち、カードのキャシングが70万円ほどになってしまっていたのですが、実質年利が18%とかなり高くて毎月 ・・・[続きを読む]
カードローンには大きく分けて2種類あります。銀行が提供している銀行カードローンと消費者金融や信販会社など銀行以外の金融機関が提供しているカードローンです。どちらも融資限度額の範囲内 ・・・[続きを読む]
カードローンは消費者金融からも提供されていますが、銀行のカードローンには消費者金融にはない特徴がいくつかあります。銀行には総量規制という貸金業法上の規定が適用されない為、年収の1/ ・・・[続きを読む]
現在では多くの人々によって、銀行カードローンが利用されるようになりつつあるのではないかと考えられています。 その利用時の目的は多彩になってきつつあり、柔軟に利用目的に応じてこのカー ・・・[続きを読む]
現在では、銀行カードローンが低金利で展開されるケースが多くなりつつあります。 このような傾向が鮮明なものとして見受けられるようになり、多くの人たちから銀行カードローンが利用されるこ ・・・[続きを読む]
●銀行カードローンを利用するための審査基準についてー カードローンの業界において銀行カードローンはもっとも審査基準が厳しいとされています。しかし、銀行カードローンは低金利で高額融資 ・・・[続きを読む]
急にお金が必要になった時、あるいは生活費が足りない時などにお勧めなのが銀行カードローンです。 気軽に借り入れができて、もちろん保証人も担保も櫃異様ありません。上限額は50万円が目安 ・・・[続きを読む]
カードローンを利用する場合、必ず審査を通過する事が必要になってきます。そして、その審査にはいくつかの条件があり、その条件を満たす事が出来ない場合、カードローンを利用する事はできませ ・・・[続きを読む]
銀行のローンと言えば、住宅ローンやマイカーローンなど、購入するものが決まっている際に利用するイメージが強いローンになっていますが、実際は、使用目的を示す必要がなくお金を借りる事がで ・・・[続きを読む]
お金をどこからか借りるときに、街のサラ金から借りるか銀行カードローンで借りるかはなかなか選択に困る局面です。 借りやすさならサラ金のほうが一枚上手なのかもしれませんが、安心感だった ・・・[続きを読む]
住宅や車などの大きな買い物の時には、事前から準備をして専用のローンを金融機関などで申し込むと思いますが、それほど大きな金額ではないが、急な出費の時に手持ちも少ない時はあると思います ・・・[続きを読む]
カードローンは銀行、及び消費者金融から提供されています。両者は消費者金融は審査が早く、銀行は金利が低いという特徴があります。このような特徴から急ぎでお金が必要な場合には、銀行より消 ・・・[続きを読む]
カードローンは銀行や消費者金融から提供されていますが、金利を考えた場合、銀行のカードローンをおすすめします。 100万円未満の利用の場合、消費者金融では年利18%程度の金利になるこ ・・・[続きを読む]
カードローンと言えばまず思い浮かぶのが消費者金融や信販会社のローンですが、銀行カードローンは実は最近はとても利用しやすくなっています。消費者金融や信販会社系のローンカードと銀行のカ ・・・[続きを読む]
お金を借りる場合に、どの金融機関を利用するかは大きな問題です。その場合に、大抵の人が検討するのが銀行で借りるか消費者金融で借りるか、ということになるでしょう。 銀行も消費者金融も、 ・・・[続きを読む]
お金を借りると言うこと自体が初めての人であれば、ぜひ銀行系カードローンを検討しましょう。もちろん初めての借り入れが消費者金融からでも問題は無いのですが、銀行系カードローンを説明する ・・・[続きを読む]
カードローンは気軽に利用できるキャッシングの手段として、消費者金融や銀行、そして一部の信販会社から提供されていますが、その中でも銀行のカードローンには独自の特徴があります。 消費者 ・・・[続きを読む]
カードローンのサービスを提供しているのは大手銀行やネット銀行になります。大手銀行は以前からカードローンのサービスを提供していて銀行のカードローンを利用する時は大手銀行を選ぶという人 ・・・[続きを読む]
カードローンは主に消費者金融や銀行から提供されていますが、銀行のカードローンには消費者金融にはない利点があります。まず、消費者金融と比べて金利が低くなっているという点です。消費者金 ・・・[続きを読む]
●銀行カードローンは消費者金融のキャッシングと同様のサービス 日常生活を送っていると、事故に巻き込まれたり、トラブルに遭遇したりして急な出費に迫られる場合がよくあります。貯蓄があれ ・・・[続きを読む]
銀行カードローンには、2つメリットがあります。借りる手数料と、借りれる金額です。まず後者ですが、銀行カードローンには総量規制に関する特徴があります。借りる金額は、かなり高めに設定さ ・・・[続きを読む]
比較的短期間でさほど大きくない金額を借りたいと思った時に、代表的な借入先は消費者金融か銀行のカードローンが該当すると思いますが、世間的に消費者金融と銀行では銀行のカードローンの方が ・・・[続きを読む]
お金が足りない時に便利なのがキャッシングです。キャッシングのためにはカードローンを使用する人が多いですが、カードローンは大きく分けて二つあります。 一つは消費者金融系のカードローン ・・・[続きを読む]
審査までの早さを考えるならば、やはり、消費者金融のカードローンがお勧めだと言えると思います。最短30分で審査可能になっている所も多く、急ぎで融資を受けたいと思う場合、審査、契約まで ・・・[続きを読む]
冠婚葬祭で予期せぬ出費が続けば、手持ちのお金だけで生活できなくなる可能性があります。それでも十分に貯金があれば、引き出すことで何とかなります。しかし、貯金がない場合は、どうにかして ・・・[続きを読む]
最近では、銀行カードローンにも即日融資に対応する商品が多くなりました。とは言え、大手消費者金融業者並みの申込から契約まで1時間前後という商品は数えるほどしかなく、大半の銀行カードロ ・・・[続きを読む]

カードローン比較

銀行カードローン一覧